鮮魚の仕入れ体制

愛知県内漁港ハシゴ買付体制

弊社は毎日三河湾の4-5ヶ所の漁港のセリを廻り、朝どれの産直鮮魚を取り扱っております。
主な買付け漁港は愛知県蒲郡市形原漁港・西浦漁港・幡豆郡東幡豆漁港、一色漁港。
この4漁港については、毎日セリに参加しています。

これらの漁港買付けルートを用い、漁港直送鮮魚の販売を手がけております。
そのほか水揚げ状況によっては幡豆郡西幡豆漁港、碧南市大浜漁港で買付けしています。

なぜ沢山の漁港を廻るのか?

各漁港の水揚げ傾向や同じ日の同魚種の相場も漁港によって異なるからです。
お客様に最も喜んで頂ける詰め合わせにするためにこのように努力しています。
多くの漁港を廻ることで、多様な漁獲方法による
多種の魚を詰め合わせることができるのです。

蒲郡形原漁港 (沖合い中層曳き、沖合い深海底引き、近海中層曳き、近海底引き)

広域漁獲船(通称:深海船)2隻が深海性魚種を含めて多種多様な魚種を大量に供給
広域漁獲船の主な漁場は紀伊半島沖、伊豆大島沖。高級魚種の水揚げも多い
中型船も5隻以上、小型船10隻以上あり、三河湾内外の魚も豊富
篠島、日間賀島の島船も数隻入港する(活魚も多い)

蒲郡西浦漁港 (沖合い中層曳き、沖合い深海底引き、近海中層曳き、近海底引き)

広域漁獲船(通称:深海船)3隻が深海性魚種を含めて多種多様な魚種を大量に供給
広域漁獲船の主な漁場は伊豆大島沖
形原漁港に比べると単一魚種が大漁に水揚げされる傾向が強い
中型船も5隻以上、小型船10隻以上あり、三河湾内外の魚も豊富
篠島、日間賀島の島船やアサリ漁業者も水揚げする
幡豆郡東幡豆漁港 (近海中層曳き、近海底引き、近海刺し網)
小型船10隻以上あり、三河湾内の活魚や、カニ類が豊富
日帰り漁獲の船がほとんどで、魚の鮮度は非常に良い(活魚も多い)。ただし、小型魚中心。

幡豆郡一色漁港 (沖合い中層曳き、沖合い深海底引き、近海中層曳き、近海底引き)

多くの小型船が所属するため単一魚種が水揚げ集中するケースが多いが、魚種は多様性に富む
日帰り漁獲の船がほとんどで、魚の鮮度は非常に良い。
篠島、日間賀島の島船も10数隻入港する(活魚も多い)

プロ・スパーとの取引だけで全国産直を実現

買付と集荷の体制

蒲郡市漁協の漁港での買付 自社で買参権を所有し買付
県内近隣漁港での買付 親類会社カネキ水産㈱はじめ、 他の老舗実力企業とがっちりタッグで各漁港で優位な買付
全国提携産地からの買付 産地水揚連絡を受け即断即決、名古屋中央卸売市場便に混載し集荷
産地買付のポイント 「買いに行かず、売り込みを待つ」
即断即決の「猛烈買い」が産地からの信頼を築く唯一の術

「水産物仕入れ支援」で飲食店の繁盛を徹底的に

「水産物仕入れ支援」で飲食店の繁盛を徹底的に

「仕入れ支援」を実現する主力商品

関東・東海・関西圏なら昼12:00迄の注文で、その日に出荷→翌朝には宅急便でお店に直接商品が届きます。
(夜の営業終了後の発注だと「中一日」感覚になります)
ご注文は FAX.03-6893-5062 Mail.prospar@dream.jp

価格設定自由で産直魚を詰合せ
「おまかせ鮮魚BOX」
全国のオタカラ魚・旬魚を一発仕入
「仕入れ支援」を実現する主力商品
プロ・スパーにしかない600種を超える
「オリジナル冷凍食品」
新製品が毎月続々開発されていきます
「仕入れ支援」を実現する主力商品

関連記事

  1. 塩麹製品研究中

  2. 冷凍押し寿司

  3. 外食店様へ

  4. 回転寿司様へ

  5. 売る力を持てたワケ

  6. 最新商品リスト